茶千染

chasen01
chasen02

 

 

2016年ついに
お茶染めの着物が誕生しました

静岡県菊川市にある有機栽培にこだわった岩沢農園が作るお茶×KIMONO梅千代×
京都の職人が作る伝統的な白生地

この3社が集まり出来上がったのが茶千染めです
chasen03

 

chasen04お茶には
素晴らしい効能がたくさんがあります
心だけでもなく体にもいいといわれています
健康はもちろん、抗菌、雑菌、消臭作用まで

そんなお茶を使って
お着物を作ることができたら

そこで
京都でも一番といわれている白生地屋さんにお願いをして
お茶で生地を下染めをして何度も何度も繰り返して染めていただき

そのうえから、女性が着物をまとったときに美し見える色を厳選して選び
5色のお着物
紬と七宝地紋が入った着物の10種類が出来上がりました
chasen05KIMONO梅千代では
着物は着飾るだけのものではないと常日頃から感じておりました

着物は人生をも変えていきます、それは見た目だけが変わるのではなく心も変わっていきます

落ち着いて息をしてゆっくりと物事を進めていくそんな風にして現代の忙しい日々から落ち着いた時間とリズムを取り戻し 改めて自分と向き合うことができます

お茶染めの着物をまとうことで
さらに心が穏やかになり、すてきな着物LIFEを過ごしていただきたい

そんな思いを込めて作りました
 

 

chasen06

 

 

岩沢園はポニーが作るお茶としても有名なお茶屋さんです

「ポニーとお茶と、時々…。」

chasen07

有機・無農薬にこだわって25年。自然と共生・自然循環型農業を追求。

世界農業遺産の茶草場農法ではイタリア・ミラノ万博にて呈茶。深蒸し茶、発酵茶、古代米の生産製造販売を行っております。

 

温故知新革新
chasen08

100年前あたりまえだった有機無農薬が、今出来ないわけがない。 それと共に変革のない100年もない。

今ある自然を、今ここにない未来へ繋ぐのが岩沢園の想いです。 有機無農薬はただただ安心安全、身体にいいからを売るのではなく、自然の循環、環境サイクルを考えているからこそ大切にしたいんです。 ポニーがつくるお茶とは、自然循環の中の一役でポニーの食物連鎖サイクルが育んだお茶からくるものです。

chasen09

 

 

chasen10

日本人の民族衣装といえば着物ですが
時代の流れとともに、着物から洋装に変化をしていきました
日本人から着物離れがおきていき、白生地も中国での生産が増えていきました
そこで起こったのが白生地を作る職人の減少です

日本で作るにしても外国産の糸を使ったりと・・・・

京都の田上機屋は伝統だけではない、現代の女性が美しく見える生地の美しさ
光沢や厚み柔らかさ、また染め上げた時の発色までこだわり作っています

決して表舞台に出ることのない幡屋ではありますが

今回特別に名前を出させていただき
制作までに何度も打ち合わせをして
お茶染め良さと女性が着物を纏ったときに美しさにこだわり作っていただきました