西陣織 琴糸織

【西陣まいづる】
特選西陣織袋帯

典雅な煌めき、ハリ感ある織り。

名門まいづるが
織り成した美しい一条。
織糸に“琴糸”を織り込んだ
素晴らしい秀作を
ご紹介いたします。

琵琶湖の北、賤ヶ岳山麓の
木ノ本町大音(おおおと)。
ここは平安の世からすでに
名を馳せた琴糸の里として
知られています。

この地の伊香具神社の
境内にある
名水・独鈷水(とっこすい)で
煮た生繭から生産される糸は、
その強さゆえ、琴糸など
演奏会用の高級邦楽器に
珍重されてきました。

その春繭、生繭を手で
ゆっくりと手繰っていく
「生繭座繰り(ざぐり)」、
さらに京都で二軒しか
できないという
「張撚り(はりより)」という
工程を経て、
最高の琴糸が出来上がります。

通常ならば織り込めない糸を、
西陣まいづる独自の技術を駆使し、
横糸に織り込んだのが、
この「琴糸織」でございます。

シャリッと滑らかな織味の帯地。
地色は柔らかな藤色の
箔糸を基調に、しっとり
光沢を放つ仕上がりに。

優美な装飾文様が表されました。
金銀の箔糸をたっぷりと用いて、
繊細に、それでいて格調
高く織り上げられております。

花びらの部分は琴糸を用いて、
ふっくらと浮かび上がるような
ハリ感ある面持ちに。
淡い色彩を何色も用いた
贅沢な仕上がりです。

シックに、華やぎの佇まい。
締め心地はよいのにボリュームある
風合いがこの上ない高級感を漂わせます。

裏地にも、表地同様の柄行があしらわれ、
こだわりを感じさせる仕上がりになっております。

その独特の立体感と重厚感を装うことで、
「絹の糸の妙なる調べ」を
肌で感じていただけることでしょう。

大人の上品な華やぎある
お洒落をお楽しみくださいませ。

職人さんの努力と技術によって織り上げられた秀作。
どうぞこの機会にご堪能いただきたく存じます。

420-0839
静岡市葵区鷹匠2-10-7
お問い合わせは
FBもしくはお電話 
メールにて
info@umechiyo.com
054-255-3373 
定休日 月・火
営業時間 11時半~18時着物 #静岡浴衣#浴衣静岡#静岡着物#kimono梅千代 #梅千代 #静岡#鷹匠#パサージュ鷹匠#着物梅千代#kimono#ふだんの生活に着物を提案する#静岡市浴衣#静岡市

着物でHAPPY&笑顔になる大人の着付教室
2019-11-23 | 新着情報

関連記事